売買契約書の項目

不動産の売買を行なうときには、売買契約を作成しますが、その内容はどのようになっているのでしょう。

1.当事者の氏名および住所
2.売買の目的物件
3.売買対象面積と売買代金の額の決定方式
4.境界の明示
5.代金の額並びにその支払い時期、方法
6.所有権の移転及び引渡し
7.所有権移転登記
8.手付金
9.契約違反による解除
10.手付け解除
11.融資利用の特約
12.危険負担(引渡前の滅失・毀損)
13.瑕疵担保責任
14.抵当権等の抹消
15.公租公課の分担
16.付帯設備の引渡し
17.印紙代の負担区分
18.諸規定の承継
19.規定外事項の協議義務
20.管轄裁判所
21.特約について

以上の項目が通常の不動産売買契約書には盛り込まれています。
それぞれの項目は、次回から解説します。