不動産売買契約の内容

不動産売買の取引は、多くの人があまり経験しないことですので、契約書内容と流れを説明します。
あくまでも一般的なケースですが、概ね以下のようになります。

買主の場合:物件を見る→資金調達→購入申込(条件提示と不動産会社との媒介契約)→売主と契約内容の合意→重要事項説明→売買契約(手付金)→決済(残金全額)・物件引渡→完了

売主の場合:物件の査定→不動産会社との媒介契約→不動産会社による販売活動→購入希望者による購入申込→売主の条件合意→重要事項説明→売買契約(手付金)→決済(残金全額)・物件引渡→完了

不動産の取引に関して、概ね、上記のような流れで売買契約書を用いて契約が行なわれますが、民法の規定では、当事者の合意があれば成立し、必ずしも書面の作成を必要としていません。でも、スーパーで買物をするように簡単にしてしまうと、当事者に思い違いや、物件に問題があった場合には、後々トラブルになりますので、当事者のお互いが合意した内容を書面にすることが一般的です。

その理由としては、
1.不動産に関する契約は、当事者の意思として当事者が契約書に署名、捺印するときに成立すると考えられている。
2.当事者間に紛争が生じたときに証拠になる。
3.宅地建物取引業者が不動産の売買を行なうときは、契約内容を記載した書面の交付義務があり、通常は売買契約書でこれに代えている。

上記のような理由で、売買契約書が作成されるのですが、次回からはその内容について、解説していきます。