重要事項説明のIT化

不動産の取引の際には、宅地建物取引業法35条では、宅地建物取引業者が媒介に係る売買、賃貸の契約時には、取引主任者が当事者へ書面を交付して説明することが決められています。

この時に交付する書面が重要事項説明書です。国土交通省では、IT化を活用した重要事項説明等のあり方についての検討を行っています。今後、重要事項説明が対面ではなく、ネットでの説明が認められるとどのようになるのでしょうか。

年内には、方針が出そうです。