Monthly Archives: 7月 2014

売るべきか、貸すべきか

売るか貸すかの判定

不動産でも居住用の戸建やマンションの場合は、売るか貸すかで迷います。特に家賃収入があるのは、魅力を感じます。しかしながら、住宅ローンの返済中であれば、原則、自分が居住するための条件で金融機関が融資をしていますので、居住用途の違反となり、一括返済を請求される場合もありますので、融資条件等を調べる必要があります。転勤などで、短期の賃貸であれば、金融機関も認めるケースもあるでしょう。

売却する場合でも、住宅ローンの借入残高を調べて、売却できそうな価格で、諸費用を除いたお金で金融機関に一括返済できるのか、出来ないのか、出来ない場合、自己資金で不足分を用意できるのかを検討する必要があります。

土地の場合、更地のままで保有していると、固定資産税が軽減措置なしで課税されます。月極駐車場の需要のあるエリアでは、駐車場がお勧めです。特に、都市近郊の時間貸し駐車場の需要のあるエリアでしたら、時間貸駐車場業者へ一括で貸す方法もあります。

貸した場合

不動産を貸すと、毎月、家賃収入がありますが、この収入は「不動産所得」となり、必要経費を控除した利益として、各店申告する必要が生じます。

「不動産収入」-「必要経費」=「不動産所得」

当然ですが、住いを貸すということは、自分はどこか別の場所に住むことになります。親の家に間借りするなどの方法を選択できる場合を除き、どこか賃貸住宅・アパートを借りて住むことになりますので、家賃の支払いが発生します。この場合で住宅ローンの支払いが残っていましたら、

「不動産収入」-「家賃」-「住宅ローン」-「税金」=プラス・マイナス?

また、人に住宅を貸した場合、自分が使用したいと思っても、賃借人が退去しない場合もあります。室内の使用状況によっては、改修が必要にもなりますので、それなりのリスクがあります。