媒介契約の種類

媒介契約の種類

不動産の売却を依頼するときには、売主から不動産会社へ依頼する必要がありますが、宅建物取引業法では、この依頼は書面にて行うことが定められています。
また、媒介契約には3種類あります。契約期間は3カ月以内と定められています。
契約の種類と、違いは以下になります。

一般媒介契約

依頼者は、目的物件の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができます。依頼者は、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができます。

専任媒介契約

依頼者は、目的物件の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができません。依頼者は、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができます。

専属専任媒介契約

依頼者は、目的物件の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができません。依頼者は、自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができません。