【まとめ】相続不動産の効果的な活用方法について

相続不動産 活用

親から不動産を相続したものの活用方法について悩んでいるという人も多く見られます。
特に山間部に存在する不動産は売りたくても買い手がつかないという問題があります。

日本では少子高齢化が進んでおり、

地方の山間部などでは過疎化も目立つようになりました。

いわゆる限界集落と呼ばれる地域も多く見られます。

そのような土地にある不動産を相続した場合は売ることもできず、

固定資産税のみがかかるということになります。

固定資産税を払うためだけに不動産を所有しているというような状態にならないよう、

生前から対策を講じておくことが重要です。

今回は相続不動産の効果的な活用方法について解説していきます。

 

 

■様々な活用方法

 

山間部にある不動産でも専門家に相談すれば譲渡先が見つかる可能性もあります。

財産を生前のうちに贈与するなどで処分しておき、

不動産だけを残して相続を放棄するという方法も考えられます。

土地の活用方法について個人では分からないことも多くありますので、

まずは専門家に相談してみるのが賢明です。

相続不動産として土地の所有権を取得した場合の活用方法には売却や賃貸などがあります。

また建物を建てて自分で使用したり、賃貸することも考えられます。

土地を売却して建物所有権の一部を得るという方法も存在します。

この方法は一般的に等価交換と呼ばれます。

相続不動産として建物と土地の両方の所有権を取得した場合は、

まず建物の活用方法を考える必要があります。

土地と建物を一緒に売却したり賃貸することが考えられますが、

不動産の状態によってはそのまま売却や賃貸を行うのが難しいというケースも存在します。

そのような場合には建物のリフォームをしたり建て替えを行う、解体して更地に戻す、

などの行為が必要になります。

いずれの場合にも相続不動産をそのまま放置すれば固定資産税が発生してしまいますので、何らかの利用方法を考えなければなりません。


不動産を利用する主な理由としては、

まず先代が残してくれた土地をそのままにしたくないというものがあります。

また次世代に受け継がせるためにも、そのまま放置したくないと考える人もいます。

 

固定資産税や所得税、相続税など税金対策で不動産を何かに利用したいと

考えるケースも多く見られます。

税金などは放置していても発生する費用ですが、消極的な費用対策をするだけでなく、

積極的に投資をして利益を得たいと考える人もいます。
相続不動産をそのままにしたくない場合は売却や賃貸、新たな建物の建設や建て替えを選択することになります。

等価交換も有効な方法です。

ただし、必ずしもこれらの方法が利用できるとは限りません。

山間部の限界集落のような場所にある土地は、

需要が少ないため買い手や借り手を見つけるのが困難です。

 

 

■取引が難しい場所にある場合

 

取引が難しい場所に相続不動産がある場合、

財産を生前のうちに処分して相続放棄するという方法も考えられます。

所有者のいない不動産は国庫に帰属することになります。

田舎に不動産を持っている場合、先祖代々の土地を手放したくないと考える人もいます。

固定資産税が発生するだけで利用できない不動産を所有している場合には、

土地を農地にするという方法も考えられます。

宅地よりも農地の方が固定資産税が安くなるので維持費用を節約できます。

保存や輸送がしやすい農作物を栽培すれば食費の節約にもなります。

 

■その他の場合

 

次世代に相続不動産を受け継がせたい場合は、売却以外の方法を検討します。

税金対策が必要な場合は売却も賃貸も有効です。

積極的に利益を得たい場合は賃貸を選ぶことになります。

 

また賃貸や新しい建物を建てる、

等価交換などの方法により地域に貢献する活動を行う人もいます。

相続した不動産を有効活用する方法には様々なものが存在します。

不動産の所在する場所や活用目的などを検討して最適な方法を選ぶことになります。

 

 

■最後に

 

いかがでしょうか?

今回は相続した不動産の活用方法について解説しました。

相続不動産は売却だけではなく、様々な活用方法も考えられます。

相続不動産の売却や有効活用についてお悩みの方は、

公認不動産コンサルティングマスターの有資格者が在籍しているアイディアルホームへ是非ご相談くださいませ。