【相続対策】生前贈与や遺産分割協議について考える

空き家 売りたい
不動産を持っている方にとって、自分が亡くなったあとどのような形で不動産を引き継いでいくのか
という事は気になるポイントではないでしょうか。
家族が不動産を持っているけれど、亡くなった後も家族が使い続けることが出来るのかなど、
周囲の方も心配になることがあるものです。
そういった相続不動産になりそうなものがある場合には、
早い段階でどうするかという事を考えておきたいものです。
今回は相続対策としての、生前贈与や遺産分割協議について詳しく解説していきます。


■何も対策しないとどうなってしまうか

特に何も行わずに亡くなった場合、相続人の間で遺産分割協議を行うことになります。
それで話がまとまれば問題はないのですが、不動産は大きな金額が動くという事もあるため
なかなか話し合いがつかないことがあります。
亡くなった人が特定の方に不動産を譲りたいと思っていても、その通りにならないことも多くありますし、
話しがつかずに近い関係の方同士で人間関係が悪くなってしまうという事も起こります。
大切な人たちの今後の生き方に大きな影を落としてしまうという事もあり、
このようなことはできるだけ避けるようにしていきたいものです。

場合によっては一緒に暮らしていた家族が、住んでいた家を失ってしまうという事も起こります。
そういったことにならないように、生前からしっかり考えて対策をとっていくようにしなくてはならないのです。


■遺言を残す

そのために取ることが出来る方法としては、まず遺言を残しておくということが挙げられます。
遺言にはルールがありますので、それをきちんと守ることが必要になります。
守れていないと遺言としては無効になることもありますから注意しましょう。
また、きちんと作っていたとしても遺言が発見されないままになってしまうと
書いた内容が実現できなくなるという事もあるのです。
遺言を作っていてもそれだけでは問題が解決できるというわけではありません。
遺言の存在を知らせておくことや、
死亡後の遺産分割について話し合っておくようにするなどという事も必要でしょう。


■生前に贈与する

もう一つの方法としては、生前贈与をするという方法が挙げられます。
生きているうちに不動産を譲ってしまうという形です。
これなら渡したい人に確実に渡すということが出来ますし、
生きているうちに行うことが出来るので確実性が高まります。
相続人でない方に対して渡したいという場合にも利用することが出来ます。
ただし、税金面などで相続の場合よりも不利になる可能性もあるので注意したいものです。

また、贈与された人の方が先に亡くなってしまうというリスクもあることは覚悟していく必要があるでしょう。
しかし、自分で不動産の行先をコントロールすることが出来るという点は大きなメリットです。
生前贈与の場合は、身近な人が相手であったとしてもきちんと登記をしておくことをお勧めします。
そうでないと、誰の持ち物かがわからなくなり、相続人ともめるという事も起こりうるからです。
もめてしまうと財産の帰属という問題だけではなく人間関係にも大きな影を落としてしま不動産を


■最後に

いかがでしょうか?
今回は相続対策としての、生前贈与や遺産分割協議について解説しました。

死亡するという事は誰にでも起こることです。
その後に残された人が困ることが無いように、今からできることを始めていきましょう。
どのような対策をとっていくべきかという事は、誰が相続人になるか、
相続財産や相続不動産がどれぐらいあるかという事によって異なってくることになります。
一概にどうすればよいかということは言えないので、ケースによって考えていかなくてはなりません。
自分では判断することが難しいと感じる方は、相続や不動産のプロに相談してみるとよいでしょう。
各地で相談会なども開かれていますから、
そういった機会を利用して不安なことを相談してみるという事もおすすめです。
相続について不安のある方は、
公認不動産コンサルティングマスターの有資格者が在籍している
アイディアルホームへ是非ご相談くださいませ。