サービス付き高齢者向け住宅の費用相場は?

e59ef549699887bc45c94419aec20635_l
ご自宅で暮らす高齢者には、転倒の危険性以外にも
天災、詐欺など、あらゆる危険が潜んでいます。
「健康だけど、離れて住む親が心配」と不安を感じている方は
多いのではないでしょうか?

「でも、老人ホームへ入居するにはまだ早いし...」
そんな方におすすめなのが、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)です。
「高齢者向けの施設は費用が高そう」と、躊躇している方も多いと思いますが、
一般的なサ高住は老人ホームよりも低額と言われています。

そこで、今回はサ高住の特徴や費用相場についてご紹介します。
ご家族に合った住居選びの参考にしてみてください。


■サービス付き高齢者向け住宅とは?

サービス付き高齢者向け住宅とは、略して「サ高住」呼ばれる
高齢者向け賃貸住宅です。
建物は高齢者が安心して生活できるバリアフリー構造です。

さらに、日中は生活相談員が常駐し「安否確認」「生活相談」の
サービスを受けることができます。

>一般型と介護型の違いとは?
サ高住は、自立して生活できる方を対象にした「一般型」と
介護サービスを受けられる「介護型」の2つに分類されます。
「一般型」は、軽度の要介護者など自立して生活できる方が入居対象です。

しかし、入居当初は自立した生活ができていた方でも、
数年経って認知症を患い、介護が必要になる可能性があります。
ところが、「一般型」には介護サービスの義務がないため、
介護が必要になった場合は、デイサービスなど外部の介護事業所を
利用しなければならないのです。

一方「介護型」は、介護が必要になった場合でも、
施設のスタッフから介護サービスを受けることができます。
「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているため、
「介護付き有料老人ホーム」と同様の介護サービスを
受けることができるのです。


■サ高住の費用相場は?

サ高住に入居するには、一般的な賃貸物件と同様に、
初期費用と月額費用がかかります。

【一般型】
・初期費用:数十万円(敷金・保証金)
・月額費用:約5万~25万円(家賃・管理費込み)

初期費用は、敷金として退去時の
原状回復に利用され、残りは返還されます。
もし介護が必要になった場合、外部の介護サービスを
利用するため、別途費用がかかり割高になってしまいます。

【介護型】
・初期費用:数十万円~数千万円(入居一時金)
・月額費用:約15万~40万円(家賃、管理費、食費込み)

「介護型」は、有料老人ホームと同様に、
初期費用を数年分の前家賃として支払います。
「初期費用が高い」と思った方も多いと思いますが、
その分月額費用を低く抑えることができます。

また、「介護型」は食事が提供される分、
月額費用も一般型よりも高くなります。

>札幌市の費用相場は?
・初期費用が約14万円
・月額費用が約13万~14万円

初期費用は全国の平均と比較すると
8万円程安い傾向があります。
また、札幌市は医療機関が集中しているため、
サ高住が日本で最も増加しているエリアです。

中には相場より安い施設がありますので、
希望に合う施設が見つかるのではないでしょうか。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、サ高住の特徴や費用についてご紹介しました。

まずは、費用相場を理解した上で、資金計画を立てておくことが大切です。
もし介護が必要になった時は、外部の介護サービスを利用するか、
老人ホームへ住み替えなければならないケースも考えられるので、
長い目を見据えて家族間でしっかり話し合って決めましょう。

当社のお客様のなかには、ご両親のサ高住の費用に充てるために、
ご自宅の売却を依頼される方も多くいらっしゃいます。
当社アイディアルホームは、ご自宅の査定を無料で行うことが可能です!
どんな小さなことでもご質問頂ければ回答いたしますので、
ぜひお気軽にお問合せください!