サービス付高齢者向け住宅のメリット・デメリットとは?

grandparents-3436463_1280main

「一人で暮らす親が心配だから安否確認してもらえて安心」
「ご自宅のようにマイペースに暮らせる」と、最近注目されているのが、
サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)です。
札幌市内にも急増しているので、名称を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

今は元気な親でも、「もしものことが起きたら…」と、心配になりますよね。

サ高住は、高齢者が安心して暮らせるバリアフリー構造の賃貸住宅です。
一般の賃貸住宅とは違い、生活相談員に「見守り」をしてもらえるので、ご家族様も安心ですね。

今回は、サ高住のメリット・デメリットに触れながら特徴をご紹介します。
入居を検討している方は是非参考にしてみてください。


■サービス付高齢者向け住宅の特徴

サ高住(サービス付き高齢者住宅)とは、民間が運営している高齢者向けの賃貸住宅です。
有料老人ホームは、寝たきりの方など要介護度の高い方の入居が可能ですが、
サ高住は自立して生活できる方や、軽度の要介護者が入居対象です。

日中は生活相談員が常駐し「見守り」「生活相談」のサービスを受けることができます。
さらにバリアフリー構造の住居なので、高齢者が生活しやすい環境が整っています。

>メリット 一般的な賃貸物件は、孤独死を恐れられ、高齢者の入居が難しい場合が大半です。
ところが、サ高住の入居は60歳以上あるいは、60歳以下の要介護・要支援認定を
受けている方が対象なので入居しやすいです。

また、老人ホームのように時間の縛りがないので、好きな時間に起床し、
自由に食事がとれることもメリットです。
さらに、飲酒やペットの飼育が可能な住居もあるので、ご自宅のような自分らしい生活が可能です。
心身ともに健康だけど、一人暮らしは不安という方におすすめです。

>デメリット
サ高住は、介護サービスが義務づけられていないため、介護が必要になった場合、
デイサービスや訪問介護などの外部の介護事業所を利用しなければなりません。

入居時は、健康で自立していた方でも、何年か経つと認知症を患う可能性があります。
もし介護が必要になった場合、退去をしなければならないケースもあるため、
しっかりと契約内容を確認しておきましょう。


■介護サービスを受けられる住居も

一般的なサ高住は、介護が必要になった時が不安ですよね。
ところが、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている住居であれば、
「介護付有料老人ホーム」と同じ介護サービスを受けることができます。
介護が必要になっても継続して住むことができるので、
「もし認知症を患ったら、他の施設を探さなくては…」と心配する必要はありません。

そのため、介護が必要になったときを考慮して、介護サービスを受けられる住居にするべか、
もしくは住み替えるべきなのか。費用の問題もありますので、家族間で話し合って決めましょう。


■最後に

今回は、サ高住についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
サ高住は、要介護度が重くなると、退去せざるを得ない住居もあります。
しかし、自由に買い物に出掛けたり、好きな時間に食事をとったりと、
自分らしいライフスタイルを実現することができます。
高齢者は、筋肉の低下により、転倒のリスクが高くなりますが、
「見守り」サービスが受けられると安心できますよね。

住居によっては、介護サービスを受けられるところもあるので、
介護が必要になったときを見据えて、サービス内容はしっかりと確認しておきましょう。