不動産売却でサ高住入居前におさえておきたい3つのポイント

不動産売却 サ高住 入居 ポイント

サ高住とは、「サービス付き高齢者向け住宅」の通称です。
札幌市内はサ高住が充実しており、サービス自体も充実していると言われています。

リタイアメント世代は生活や健康を考えてサ高住への入居を検討し、
子供世代は親の将来を考えて親にサ高住へと入居してもらうことを考える。
介護や福祉のよくある家族事情ではないでしょうか。

親がサ高住に入居した場合、実家をどうするかが問題です。
サ高住入居後に実家を不動産売却するときにおさえておきたい重要ポイントを3つ解説します。

サ高住の入居と不動産売却の関係性とは

サ高住への入居と不動産売却には密接な関係があります。
サ高住へ入居すると、多くの場合に親が住んでいた家(実家など)が空き家になるのです。
親がサ高住に住むということは、
今まで住んでいた家からの引っ越しに近いといえるのではないでしょうか。
今まで住んでいた家をどうするかが問題になります。

サ高住へ入居した後の家の扱いには、いろいろな方法があるのが現状です。
中でもサ高住に入居した後の家の扱いとしてよく使われているのが、不動産売却になります。
家が空き家化している場合、所有し続けても維持管理費用が必要です。
家を不動産売却することで将来的な介護費用を捻出するケースもあります。

維持管理費の負担をなくしたいときや、
将来的な生活や介護の費用を捻出したいときに不動産売却は有効な方法です。
サ高住への入居と不動産売却は、切っても切れない関係にあります。

サ高住への入居での不動産売却でおさえたいポイント

サ高住への入居を原因に不動産売却をする場合も、
闇雲に不動産売却をすればいいというわけではありません。

不動産売却の売却金が将来に繋がるからこそ、ポイントをおさえて慎重に動きたいもの。
サ高住への入居での不動産売却でおさえたいポイントは3つあります。

ポイント①どのタイミングで不動産売却をするか

サ高住に入居した場合、どのタイミングで家を不動産売却するかが問題になります。
サ高住に入居したときがタイミングの1つ。

入居したタイミングで不動産売却をすれば、介護費用や生活費の捻出が可能です。
ただし、親が家に帰宅できなくなるというデメリットもあるため、注意が必要です。
他には、相続のタイミングで不動産売却するという方法もあります。

ポイント②不動産売却以外に適切な方法はないか

サ高住に入居するからといって、
家を必ず不動産売却しなければならないというわけではありません。
サ高住に親が入居した後に子供夫婦が帰ってきて事業を継ぐなどの予定がある場合は、
家を不動産売却せずに活用することも選択肢の1つです。

ポイント③不動産売却のタイミングや事情で使える特例が異なる可能性あり

不動産売却でネックになるのは税金です。
不動産売却では小規模宅地等の特例や
空き家の3,000万円特別控除などが関係してくる可能性があります。
不動産売却のタイミングや状況、事情などによって使える特例や控除が変わってくる可能性があるのです。

サ高住入居のタイミングに合わせて不動産会社に相談し、
不動産売却の特例や控除についても考えておきましょう。
相続についても考えておくこともポイントです。

最後に

サ高住に入居するときに家をどうするか悩んだ場合は、
不動産売却が有効な解決策の1つになります。
サ高住への入居による不動産売却でおさえておきたいポイントは3つ。

ポイントをおさえて、事情に合わせた不動産売却をすることが重要です。
不動産売却計画や相続対策のご相談はアイディアルホームにお任せください。