不動産相続なら不動産コンサルティングマスターへの相談がオススメです

不動産相続 誰に相談

不動産の相続があると、誰に相談したらいいのか迷ってしまいませんか。
不動産といえば、税金が付きものです。
しかし税理士の説明を読むと、
自分の求める相続手続きとはズレがあるように感じられることはないでしょうか。
登記も関係があるのではないかと考えるかもしれません。
しかし、具体的にどの専門家に依頼すればいいのか、
判断が難しいのではないでしょうか。

いろいろな専門家に相談したくても、最終的に気になるのは「費用」です。
不動産の相続手続きを適切かつ負担を少なく進めるために、
どの専門家に相談すればいいのか教えてくれる「お医者さん」
のような専門家がいれば便利だと思いませんか。

不動産コンサルティングマスターは、不動産の実務や相続に精通した専門家です。
不動産の相続を「誰に相談したらいいの?」という素朴な疑問に対して、
適切な専門家を紹介することができます。

不動産コンサルティングマスターとは?不動産の相続での役割

不動産コンサルティングマスターとは、不動産の知識と実務に精通した資格です。
不動産取引や契約の実務経験を有しているだけでなく、
一定年数の実務経験が必要になります。
さらに、不動産コンサルティングマスターを受験するためには
不動産鑑定士や1級建築士などの一定の資格を所持しているという要件もあるのです。

不動産会社の業務に従事している人の中でも、実務と知識に精通し、
一定の資格や要件をクリアした人にだけ許される資格が
不動産コンサルティングマスターなのです。
不動産コンサルティングマスターは、まさに不動産のスペシャリストになります。

不動産コンサルティングマスターは実務経験も豊富で、
不動産相続の分野でも経験と知識を持っているのです。
そのため、依頼者から不動産相続の相談を受けた場合は、
「どの専門家の管轄か」「どの順番で相続手続きを進めるか」を、
適切にアドバイス可能になります。

不動産相続で誰に相談するか迷ったら不動産コンサルティングマスターへ

同じ不動産相続案件でも、1ケースごとに内情が異なっています。
内情が異なっているということは、管轄する専門家が異なるということなのです。

不動産相続と一括りにしてすべて任せていいのか。
それとも、個別に別々の専門家に任せなければいけないのか。
不動産相続では、判断が難しい部分です。

このようなときに不動産コンサルティングマスターへ相談すれば、
不動産相続の内情を確認し、誰に相談すべきか即座に判断することができます。
不動産コンサルティングマスターは、
不動産相続の総合医院的な役割を果たすことができるのです。

最後に

専門家との協力体制を謳っている不動産会社は少なくありません。
しかし、不動産コンサルティングマスターという不動産のプロフェッショナルが
在籍している不動産会社は、そう多くはありません。

不動産コンサルティングマスターまたは不動産コンサルティングマスターの
在籍している不動産会社に相談することで、それぞれの専門家の管轄部分を
不動産コンサルティングマスターに仕事として割り振ってもらうことが可能です。

アイディアルホームには不動産コンサルティングマスターが在籍しており、
不動産相続についてのフォロー態勢も整えています。
不動産相続で迷ったら、アイディアルホームにご相談ください。