介護付き有料老人ホームとサ高住の違いとは?

bf98f9e2349fb44b2beabd4d2c581862_l-1

親の介護を検討している方は、
なるべく親の生活に合った施設に
入って欲しいと思いますよね。

とはいえ、高齢者向けの施設がたくさんあって、
違いがよく分からないという方は多いのではないでしょうか?
施設選びをする際は、施設の違いを理解することが大切です。

そこで、今回は介護付き有料老人ホームとサ高住(サービス付き
高齢者向け住宅)の違いについてご紹介します。
是非とも、施設選びの参考にしてみてください。


■介護付き有料老人ホームとサ高住はどんな違いがあるの?

【入居条件】
介護付き有料老人ホームは、65歳以上の
自立生活ができる方や要介護1~5の方が対象です。
施設は2種類あり「介護型」と「混合型」によって
入居条件が異なります。

「介護型」は要支援・要介護者など
介護が必要な方が入居する施設です。
「混合型」は介護が必要な方だけでなく、
自立生活できる方の入居が可能です。

一方、サ高住は、60歳以上の自立・軽度の要介護者が対象です。
サ高住にも介護サービスが受けられる「介護型」の施設があり、
認知症の方や寝たきりの方も入居できます。

【サービス内容】
介護付き有料老人ホームは、入居者様の身体の状態に合わせて、
食事・排泄・入浴などの手厚い介護を受けることができます。
さらに清掃・洗濯・食事を提供するなど、
入居者様は家事や自炊をする必要はありません。

日中看護師が常駐しており、怪我をしてしまった時の
処置や健康チェック、胃ろうの方の経管栄養の管理を
してもらえるので、安心して生活することができるでしょう。

また、定期的にレクリエーションが行われ、脳や身体機能の
向上だけでなく、入居者様同士の交流を深め、
楽しんでもらうことが目的です。

サ高住は、一般的に安否確認と生活相談の
サービスを受けることができます。
施設によっては、食事の提供や清掃など
生活支援のサービスを提供している施設があります。

介護付き有料老人ホームに比べるとサービスが少ないと
感じるかもしれませんが、サ高住はあくまでも賃貸住宅の一種です。
サービス内容は多くはありませんが、
自由に外出できるなどの自由度が高いです。


■メリット・デメリットは?

【メリット】
介護付き有料老人ホームは、24時間体制で
手厚い介護サービスを受けることができます。
健康的な食事が提供されたり、看護師による
健康チェックやリハビリを受けられて、健康面も安心できます。

自立生活ができていた方が数年後、介護が必要になった場合でも
退去する必要なく、施設で介護を受けられます。
終の棲家として居住したい方におすすめです。

サ高住は、高齢者向けの賃貸住宅の一種なので、
有料老人ホームと比較すると費用が低価格です。
好きな時間に起床し、自由に外出・外泊ができる等、
自宅と同じように自由な生活ができます。

【デメリット】
介護付き老人ホームは、入居時に支払う費用が高額です。
また、介護費用を定額で支払う必要があるので、
自立できる方や介護度が低い方は
負担額が多いと感じるかもしれません。

食事や入浴の時間が決められているので、
サ高住の方が自由な生活ができます。
介護が必要になった場合、外部の介護サービスを
契約しなければならないので、別途費用がかかります。

さらに重度な介護が必要になると、退去しなければならない
ケースがあり、生涯暮らしたい方には向かないでしょう。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、介護付き有料老人ホームとサ高住(サービス付き
高齢者向け住宅)の違いについてご紹介しました。

介護付き有料老人ホームは、入居費用が高額ですが、
手厚い介護サービスを受けられます。
引っ越しの手間を避け、生涯居住したい方におすすめです。

サ高住は、実家で一人暮らしをするのは心配だけど、
自分らしい生活をしたい方にぴったりです。
自由な生活を希望する方がいれば、引っ越しが手間だから
長期間居住できる施設に入りたいという方もいるでしょう。

それぞれの施設の違いを理解して、親の身体の状態や
ライフスタイルに合った施設選びをしましょう。
もしサ高住の入居費用の為に、自分の持っている不動産を
売却したいとお考えの方は、アイディアルホームにご相談下さい。