介護付き有料老人ホームの入居条件とは?

842deb3462dcd6e5951d7561ada9e8ef_l
介護付き有料老人ホームは、行政から
「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているため、
入浴・排泄・食事などの介護サービスを受けられる施設です。

終の棲家として安心して居住できるので、
入居を検討している方が多いのではないでしょうか?
そこで、まず確認しておくべきなのが、「入居条件」です。

高齢者なら、どなたでも入居できると思いがちですが、
施設ごとに入居条件が定められています。
希望している施設に親を入居することができるのか、
どんな施設なら入居ができるのかを事前に確認しておきましょう。

今回は、介護付き有料老人ホームの入居条件についてご紹介します。


■介護付き有料老人ホームの種類別の入居条件とは?

介護付き有料老人ホームへ入居するには、
条件をクリアする必要があります。
入居を検討している方は、まず入居条件を確認しておきましょう。

介護付き有料老人ホームの入居条件は、一般的には65歳以上の
要介護1以上が対象ですが、稀に60歳以上から入居可能な施設もあります。
施設は「介護型」と「混合型」の2種類に分けられ、
その種類によって入居条件が異なります。

・介護型:要支援・要介護者をケアする施設です。
 要介護5で寝たきりの方でも入居可能です。
 終の棲家として安心して暮らせます。

・混合型:自立生活ができる方と介護が必要な方、
 どちらも受け入れ可能な施設です。

 例えば、自立生活ができる方が数年後に介護が
 必要になったとしても、退去せずに、その施設で
 介護を受けることができるのがメリットです。

上記の条件を満たせば入居可能なので、
ご家族の身体の状態に合わせて施設を選ぶことができます。


■保証人は必要?

介護施設に入居する際に、
8割の施設は保証人が必要です。
なぜ必要なのでしょうか?
理由は下記の通りです。

・緊急連絡先:万が一、事故や病態が急変した際などの
 緊急時の連絡先。
 また、死亡時の遺体の引き取りや居室の荷物の撤去、
 未払いの費用があった際の清算を依頼します。

・費用の支払い
 施設利用料など月々の費用が支払えなかった場合、
 保証人が代理で支払いを行います。

・医療方針などの承諾
 高齢になると認知症や症状の悪化により、
 判断能力が低下する可能性があります。
 医療処置やケアプランは、本来入居者に決定権がありますが、
 意思決定が難しい場合は、保証人に依頼をします。

上記の理由で、保証人が必要です。
中には、保証人を立てるのが難しいという方も
いると思いますが、保証会社を利用できるところや、
保証人なしでも入居できるところがありますので、
ご安心ください。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、介護付き有料老人ホームの入居条件についてご紹介いたしました。

札幌市は、介護付き有料老人ホームが年々増加しています。
入居の需要が高いので、人気の施設は空きが出るまで
待つ場合もありますが、全体的に入居の難易度はそれほど
高くはありません。

事前に入居条件を確認しておき、
ライフスタイルに合った施設を選びましょう。

もし、老人ホームの入居費用の為に自宅等の不動産売却を
お考えの方がいらっしゃいましたら、是非アイディアルホームに
お問い合わせ下さい。