介護付有料老人ホームの費用相場はいくら?

cabe038b95943c2db40662690f8681f7_l
札幌市内の老人ホームは、入居の需要が高いため、
空室が少なくなっている現状です。
親の介護をする際に、仕事を辞める訳にはいかず、
今後ますます老人ホームへの入居を希望する方が増加する傾向にあります。

この記事を読んでくださる方の中にも、
施設入居を検討している方が多いのではないでしょうか?

介護施設には、様々な種類があるため、施設の特徴や
費用について把握しておくことが大切です。
そこで今回は、一般的によく知られている
「介護付有料老人ホーム」についてご紹介します。

どんなサービスが受けられるのか、費用相場を
知りたいという方の疑問を解消致します!


■介護付き有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは、株式会社など民間が
運営している高齢者向けの居住施設です。
下記の通り3つの種類に分けられます。

・健康型:介護が必要になったら退去しなければならない。
・住居型:介護が必要になった場合、施設外部の介護事業所にて別契約が必要。
・介護付:介護が受けられる施設。

つまり、一般的に皆さんがイメージする
「食事、入浴、排泄の介護が受けられる施設」とは、
介護付有料老人ホームを指します。

介護付有料老人ホームは、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているため、
介護保険による介護サービスを行うことができるのです。

>介護付有料老人ホームでどんなサービスを受けられるの?
介護付有料老人ホームでは、幅広い介護サービスを受けることができます。
洗濯、清掃、食事などの「生活援助」、排泄、入浴など
直接身体に触れて行う「身体介助」があり、
必要な介助を受けることができます。

栄養バランスに配慮された食事や、リハビリ、レクリエーションを通じて、
他のご入居者様との交流に生きがいや楽しみを感じながら
快適な生活ができるでしょう。

介護付有料老人ホームは、看護師の日中の常駐を義務化しているため、
怪我をしてしまった時の処置や投薬管理をしてもらえるので、ご家族も安心できますね。


■介護付有料老人ホームの費用

親が老人ホームへ入居する上で、特に気になるのが費用面ではないでしょうか?
老人ホームの費用は、契約時に支払う「入居一時金」と、
月々の諸経費を支払う「月額費用」があります。
どのくらいの費用が必要なのか把握しておきましょう。

>入居一時金
入居一時金とは、その施設で生涯暮らす権利を得るための、前払い家賃です。
費用は数百万円、数千万円と高額なところもあれば、
低価格もしくは0円と施設によって様々です。
全国相場が500万円に対し、北海道は400万円と、
全国より100万円程安いです。

昨今では、入居一時金0円の施設が増え、
札幌市内にも入居一時金0円の施設があります。
まとまった支払いを抑えたい方におすすめですが、
デメリットとしては、かえって月額費用が高くなり、
長く居住すればするほど総支払額が高くなるケースがあります。

そのため、長く居住したいのか、在宅へ復帰を考えているかなど、
今後のライフスタイルを見据えて、施設選びをすることをおすすめします。

>月額費用
全国相場の月額費用は、およそ15万円~30万円ですが、
札幌市内は13.2万円と低価格です。
立地条件や地価、施設の広さ、付帯設備、人員体制などによって
金額が大きく変わります。つまり、料金が高ければ高いほど
サービスの質が良くなります。

月額費用は、家賃、管理費、食費、日常生活費など毎月支払う費用です。
介護が必要な方は、介護サービスの費用や、おむつ代など追加で支払いが
必要になる場合もあるので、どのサービスにいくらかかるかを
契約前にチェックしておきましょう。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、一般的によく知られている「介護付有料老人ホーム」についてご紹介しました。

老人ホームへ入居をする際の費用は施設によって様々です。
いつでも会いに行けるように、自宅から近い施設がいいのか、
質の良いサービスを受けられるのか、金額を抑えたいのかなど
何を重視するのかをご家族と話し合って決めましょう。

当社のお客様のなかには、ご両親の老人ホームの費用に充てるために、
ご自宅の売却を依頼される方も多くいらっしゃいます。
当社アイディアルホームは、ご自宅の査定を無料で行うことが可能です!
どんな小さなことでもご質問頂ければ回答いたしますので、
ぜひお気軽にお問合せください!