任意売却と債務整理の違いとは?

任意売却 債務整理 違い

住宅ローンの返済が困難になり、任意売却するべきなのか、
それ以外に生活を立て直す方法があるのか疑問に思っている方は多いでしょう。

住宅ローンや借金を整理するには、任意売却以外に債務整理という方法があります。
それぞれ特徴が異なり、借金の減額ができたり返済方法を変更できるなど様々な違いがあります。
それぞれの違いを理解し、ご自分に合った方法を選択することが重要です。

今回は、任意売却と債務整理の特徴と、違いについて解説します。
この記事を参考に、ご自分に合った方法を検討してみてください。

債務整理とは借金返済を軽減する解決策

債務整理とは、借金やローンの返済が難しくなった状況を、
返済の仕方を変えることで解決するための方法です。

例えば、
・返済額の減額
・借金の減額
・返済時の利息をカット
などが適用できます。

債務整理には4つの種類があり、なかでも「自己破産」が有名です。
自己破産は、家などの資産を手放す代わりに、借金を0円にすることができるというもの。

債務整理の種類によって返済方法は様々ですが、
円滑に借金の返済をして生活を立て直すことができます。

任意売却は住宅ローン滞納時の解決策

任意売却とは、簡単にいえば住宅ローンの返済が難しくなった際に、家を売却する方法です。

一般的に家を売却するには、住宅ローンを完済している必要があります。
しかし、任意売却なら、住宅ローンの返済が滞ってしまった場合でも、
金融機関の許可を得れば売却をすることができるのです。
そして、家の売却費用を住宅ローンの返済に充て、今後の生活を立て直すことができます。

任意売却と債務整理の違い

任意売却と債務整理の違いは、下記の点です。
・住宅ローン返済の方法
・家を手放すかどうか
・残債の支払い方法

「任意売却」は、家を売却した費用を返済にまわします。
売却価格により住宅ローンを完済できれば問題ありません。
しかし、住宅ローンの返済が残ってしまった場合、
金融機関との交渉のうえ、分割で支払いをします。

一方、「債務整理」は、返済額や借金の減額が適用されます。
債務整理の種類によって異なり、以下のように内容が異なります。

【任意整理・特定調停】
任意整理と特定調停は、ローンの返済が難しくなった場合に、
返済時の利息をカットしてもらい返済を続ける方法です。

【個人再生】
個人再生は、借金の1/5の減額が可能ですが、住宅ローンは適用されません。
それ以外の借金が減額されるため、住宅ローンの残債が多い方には不向きです。
また、住宅ローン特則を使えば、家を手放さずに借金を減額することができるのがメリットです。

【自己破産】
家や車など、資産になるものを回収されますが、
住宅ローンを含む全ての借金を0円にすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、任意売却と債務整理の違いについて解説しました。

任意売却と債務整理は以下の内容が異なります。
・住宅ローン返済の方法
・家を手放すかどうか
・残債の支払い方法

どれだけの借金があり、返済額を減額すれば支払うことができるのか、
ご自分の状況に合った方法を選ぶことが大切です。

住宅ローンの返済が難しい状況にお悩みの方は、
プロに相談することで最適な解決方法を見つけることができます。
当社アイディアルホームは、不動産コンサルティングマスターの資格を取得した
不動産のプロが在籍しています。任意売却の実績も豊富にございますので、お気軽にご相談ください。