任意売却を可能にする条件とは?

9403e2f168b1e3249db29c636e398bb8_s-1

「家の住宅ローンの返済が難しくなった」
「給料が減ったので、これからローンの返済ができるか不安」
こんなお悩のある方も多いでしょう。

しかし、任意売却をすれば解決することができます。
ただし、任意売却するには条件をクリアし、
金融機関から許可を得なければなりません。

そこで今回は、
・任意売却とは何か
・任意売却を可能にする条件
について解説します。

ご自分の状況と照らし合わせながら読んでみてください。



■任意売却とは?

任意売却とは、不動産の住宅ローンの返済ができなくなってしまった方のための解決方法です。

住宅ローンは、長期間の分割払いとなることから、病気や収入減など生活の変化により、
支払うことが困難になることも想定できます。

滞納することを避けるために、事前に「家を手放そう」と考える方も多いでしょう。

しかし、ローンが残っている状況では、不動産の売却ができません。
なぜならば、住宅ローンを組む際に設定される「※抵当権」を
抹消しなければならないからです。

抵当権は、基本的にローンを完済すると抹消することができます。
一方でローンの返済が残っている場合はというと、任意売却をすることで解決できます。
融資を受けた金融機関との話し合いのうえ、抵当権を解除し、
家を売却することができるのです。

※抵当権とは、銀行がお金を回収できなくなることを防ぐために、
購入する家に担保を設定することです。
ローンを貸す側にとって、長期にわたりお金を貸し続けるのは大きなリスクとなります。
そのため、もしもお金を返済できなくなってしまった場合、
金融機関からその不動産を取り上げられてしまうのです。


■任意売却の条件とは?

任意売却はどなたでも簡単にできる訳ではありません。
下記の条件をクリアする必要があります。

・3カ月以上滞納している
・売却のための時間がある
・売却できる状態である
・金融機関の合意を得る

「これから支払うのが難しそうだから任意売却をしたい」のであれば、
返済のスケジュールを見直したり、返済期間を延ばすなどの提案をしてくれます。
金融機関は、できるだけお金を返済してもらいたいと考えます。
ですから、まだ滞納していない状態では、任意売却をするのが難しいでしょう。
既に滞納していることが条件となります。

売却できるかどうかも判断材料になるので、不動産の状態も大切です。
築年数が古かったり、修繕が必要な箇所が多いなど、
買い手が付きそうにないと任意売却をするのが困難なケースがあります。

また、売却する時間が十分に確保されているかも重要です。
競売の入札が始まると、任意売却をすることができなくなるので注意しましょう。
競売の入札が開始される前に、任意売却を始められれば問題ありません。

任意売却を成功させるためには、
滞納してしまった段階で金融機関や不動産会社に相談しましょう。
そして、どのようなスケジュールで動くべきなのか確認することが大切です。


■まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、任意売却の条件について解説しました。

内容をまとめると、
・住宅ローン返済が難しい場合は、任意売却する方法がある
・金融機関の許可を得れば任意売却できる
・任意売却するにはタイミングが重要
・3カ月以上滞納していることが任意売却の条件

どなたでも気軽に任意売却をすることができる訳ではないので、
条件が当てはまっているかどうかを確認したい方は
是非アイディアルホームへお問い合わせ下さい。