実家のマンションを相続する場合の問題点

相続不動産 売却 税金

実家のマンションは、両親が住んでいればまだ問題はありませんが、
両親とも亡くなった場合や老人ホームなどに入ってしまった場合には
どのようにしたらよいかが問題になります。
基本的に何も手を施さなければ、そのまま空き家状態になってしまいますので
何らかの対策を立てておかなければなりません。

今回は、実家のマンションを相続する場合の問題点について詳しく解説していきます。


■マンションの相続の問題点

まず、どのようなことが考えられるかといえば家の相続の場面になります。
この場合には、まず名義変更しなければならないことは言うまでもありません。
名義変更は、可能な限り早く行っておきましょう。

長期に及んで行わなければ、権利関係が複雑になってしまい
あらゆるところで問題になってしまう可能性があります。
特に、実家の両親がなくなってしまった場合には、
なかなか行動することができないような人もいます。

ですが、そのまま放置しておくと結果に電気代などがかかり請求書が
たまった状態になってしまうなども考えられるわけです。

そうすると、無駄なお金を支払わなければならないためだれも得することはありません。
基本的に、子供が複数いる場合には子供同士で話し合って決める必要がありますが、
財産に関しては遺言書が作成されている場合にはそれに従うことになります。


■遺留分とは

例えば、子供が二人いる場合、片方にだけすべて財産を
与えてしまうこともできなくはありません。
ただ、その場合でも遺留分と呼ばれる分に関しては必ず相続人として
認定されていない人でも手に入れることが可能になります。

遺留分はどれぐらいになるかといえば、実際の相続ができる額の半分です。
例えば、マンションの価値が2000万円の場合子供が二人いれば
それぞれ1000万円ずつの価値をわけることになるわけです。

ですが、片方しか名前が書かれていない場合には、
もう片方は遺留分を主張することができ実際の相続される
額の半分の500万円ほどは手に入れることが可能です。
解説が分かりにくい場合は、弁護士などに聞いてみると的確に答えを教えてくれます。

相続した場合には、それぞれ二人で住むわけにはいきませんので、
もし誰も進まない場合には売却してしまったほうがよいでしょう。
売却したほうが、金額として明確になるため二つにきれいに分けることが可能です。

あるいは、片方が進む場合ならばその人に住んでもらい
もう片方の人に対してお金を支払う方法もあります。
例えば、マンションの価値が2000万円で二人とも平等に分割する場合は
一人あたま1000万円のお金をもらうことができるはずです。

ですが、片方の兄弟が親のマンションに居住したいといった場合には
そこに住むことは可能です。
ただし、そもそもそこに住む以上は現金化されていませんので片方は
いつまでたってもお金をもらえないことになります。

それと不都合になるため、住んでいる人は1000万円のお金をもう一人の兄弟に
分け与えることにより平等に分割することが可能になるわけです。


■マンションが換金出来ない場合

では、もしお金に換えることができない場合はどのようにしたらよいでしょうか。
そこに住みたいといった兄弟が、それだけの現金を持っていなかった場合です。
このような場合は、どこかからお金を借りてくるか売却するしか方法はないです。

もし、そのマンションに抵当権が設定されていた場合は
どうしたらよいかが問題になります。
例えば、親が会社を経営しておりその会社の資金を借りるために
住宅を抵当権にいれるようなことが考えられるわけです。

返済する金額がそれほどなければ問題ありませんが、
返済する金額がまだ多い場合には相続放棄をすることも可能です。
もちろんこの時は、マンションの価値と負債を比べることで
判断する必要があるでしょう。建物の価値の方が高ければ
そのままもらいうけてもよいわけです。


■最後に

いかがでしょうか?今回は実家のマンションを相続する場合の問題点について解説しました。
マンションなどの相続は一般人にはあまり理解できない問題です。
今まで相続について考えていなかったなら尚更でしょう。

相続について不安のある方は、公認不動産コンサルティングマスターの
有資格者が在籍しているアイディアルホームへ是非ご相談くださいませ。