残債のある相続資産を任意売却で解決する方法とは?|札幌の不動産売却

f301a1ea16576eeab58f03fb098c0656_s-1

不動産を購入するとき、「住宅ローンはきちんと返済しよう」と借入した人は考えます。
しかし、突発的な事態により住宅ローンの返済ができず、不動産に住宅ローンが残ったままになることがあるのです。

相続も、突発的な事態のひとつ。
たとえば、父親が借入をして札幌の不動産を購入しました。
しかし、父親は借入分の返済中に亡くなり、返済の残る札幌の不動産が相続資産になってしまいました。
住宅ローンは基本的に相続対象です。
この残債つきの不動産を相続資産としてのように扱うかが問題になります。
また、住宅ローンに関して、どのように対処するかも問題になるのです。

住宅ローンなどの残債がある相続資産のお悩みを任意売却で解決する方法を解説します。

返済が残る札幌の不動産が相続資産になったときの3つの対処法


相続は突発的に起きることがあります。
住宅ローン返済中の人も、突然亡くなり、返済が残る不動産が相続資産になることがあるのです。

相続は預金などのプラスだけでなく、返済が必要な借金などのマイナスも対象になります。
突発的に起きる相続によって、札幌の残債つき不動産が相続資産になってしまう可能性は、ゼロではないのです。
札幌の残債つき不動産が相続資産になってしまった場合、主な対処法は3つあります。

1.相続放棄
2.限定承認
3.任意売却

相続放棄や限定承認は、相続資産に対する裁判所手続きになります。
相続放棄は、相続資産のプラスもマイナスも全て放棄する手続きです。
借金などのマイナスが多い時の解決策として紹介されているため、
手続きの名前を耳にした経験のある人も多いのではないでしょうか。

限定承認は、債務超過などのときに、相続資産のプラスの限度でマイナスの相続をする手続きになります。
相続放棄と同じく限定承認も、返済つきの不動産などの相続資産がある場合の対処法のひとつです。

もうひとつの対処法として、任意売却という方法があります。

残債のある札幌の相続資産を任意売却で解決する方法


住宅ローンなどの残債つきの不動産などが相続資産だった場合は、任意売却で解決するという方法もあります。
任意売却は不動産売却方法のひとつで、住宅ローンなどが残っている札幌の不動産を売却したいときや、
ローンの返済問題を解決したいときなどによく利用される不動産売却方法です。

任意売却では、札幌の不動産を売却し、その売却金で負債の清算をします。
相続資産である札幌の不動産に住宅ローンなどの負債が残っている場合も、任意売却で解決できる可能性があるのです。
任意売却をするにあたっては、債権者にも相談して、解決のために相続資産の相続人と不動産会社、
債権者が連携して手続きを進めます。

最後に


住宅ローンなどの負債は、基本的に相続対象です。
そのため、負債のついた不動産が相続資産に含まれていた場合、負債や不動産をどのように扱うかが問題になります。

解決法には相続放棄や限定承認、任意売却などがあるので、事情や相続資産の状況に合わせて使いわけることが重要です。
札幌の不動産の任意売却は、アイディアルホームにお任せください。