相続した土地をすぐに売却するために押さえるべきポイント

goal-2555600_1280
既に持ち家があるなどで、相続した土地や建物に住めない場合、
売却してしまうか、賃貸に出すといった方法が考えられます。
一番良くないのがそのままにしておくことで、家がどんどん傷んでしまうと維持費や修繕費がかさみますし、
固定資産税や土地計画税などの諸税金も毎年かかってきます。
賃貸に出す場合もある程度不動産の知識が必要となりますし、
本業に支障をきたしてしまっては元もありません。
そう考えると、住まない土地であれば売却するのが手段としてベターともいえます。
今回は相続した土地をすぐに売却するために押さえるべきポイントについて詳しく解説していきます。



■土地を売却したときにかかる諸経費

まずはじめに、相続した土地を売却したときの諸経費を押さえましょう。
所得税や復興特別所得税、住民税といった譲渡所得に関わる税金と、印紙税です。
不動産仲介会社に依頼する場合は、仲介手数料もかかりますし、
更地にして売却する場合は建物を取り壊す際に解体費用もかかってきます。
また、不動産を売却する際には譲渡所得税もかかります。
これは相続した土地を保有してから売却するまでの期間で税率が変わるのが特徴で、
保有期間が5年以下か5年超かによって違ってきます。
長く保有した場合では譲渡にかかる税金は20%ですが、
5年以下の場合は39%と2倍近く上がります。
そのため5年を目安に考えるのも一つの手です。
一方で、相続税に関していうと、相続税の申告期限から3年以内に売却すると税の負担が軽くなります。
この辺は大変わかりにくい部分でもあるので、相続不動産を得意とする不動産会社や
税理士など専門的な人に相談をすると良いでしょう。


■売却の前にすること

売却する下準備として行ったほうがいいことが、不動産に関する情報を得るということです。
土地売却するには、自分の相続した土地がいったいどのくらいの価値があるのか、
土地の売却値段の相場はいくらなのか、ということを知ることから始めましょう。
インターネットでも査定ができますが、専門家に依頼したほうが間違いないですし、
第3者的な目で見てもらえるので、どのくらいの値段で売るのか決めることができます。
土地の適正な価格を知っておくことですぐに売りたいという気持ちから、
相場とかけ離れた極端に安い価格で売却してしまうことも防げます。

なお、査定は一社だけでなく複数の会社に依頼をするようにしてください。
というのも不動産はその土地の参考価格というものがありますが、
査定した人によって価格はだいぶ違います。
そのため数社の査定価格を知っておくことで、その土地の平均値を知ることができます。


■媒介契約を結び売却活動スタート

次に、不動産会社と媒介契約を結ぶ必要があります。
契約締結後、不動産会社が広告などを打ち、買い手を探してくれます。

買いたい方が見つかったら、売却条件の交渉にはいります。
買い手とは価格はもちろんのこと、立退きの日、手付金など様々なことを決めなくてはなりませんが、
この場合も不動産会社に一緒に交渉をしてもらうとスムーズに進むことができます。
後々トラブルにならないようにしっかりと打合せを行いましょう。


■売り出す際は前もって準備を

話は前後しますが、売却には様々な書類が必要となります。
売りに出してから売れるまではかなりの期間がかかりますし、すぐに売れるとは限りません。
ある程度の予算は確保しておいて、売る時に慌てないようしっかりと準備はしておくようにしましょう。
土地を売る時は手続きが細かくなります。
印鑑証明書や実印、銀行口座の書類といったものや身分証明書、
ローンがある場合は残高証明書といったものも必要になるケースが多いです。
権利に関しても登記済み権利証や登記識別情報といった専門的なものが必要になってきます。
すぐに売りたい場合はこういった書類なども前もって準備し、
いざという時にすぐに提出できるようにしておくことが大切になってきます。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は相続した土地をすぐに売却するために押さえるべきポイントについて解説しました。

売却には買い手を探すのにもちろん時間がかかりますが、
それ以外にもそれまでの維持費や必要な書類をそろえたりといろいろな準備が必要です。
売却するかどうかまだ検討中の方は、売る以外の選択しなども視野に入れて検討するのもいいかもしれません。
相続した土地の売却や有効活用についてお悩みの方は、
公認不動産コンサルティングマスターの有資格者が在籍しているアイディアルホームへ是非ご相談くださいませ。