相続した空き家を放置するリスクと対処法

相続 空き家
親が亡くなったなどの理由で空き家を相続した場合には、相続した不動産を処分する際にもお金がかかります。

不動産が手に入りますが、支出額によっては自分にとってマイナスになる可能性もあります。

この支出は大きな負担となりますので、支払わなければならないお金については理解する必要があります。

今回は相続した空き家を放置するリスクと対処法を詳しく解説していきます。

 

■固定資産税と都市計画税

 

まず不動産管理のための税金がかかります。

不動産には固定資産税と都市計画税がそれぞれ課税されることになります。

空き家も課税対象で、2つの税金は必ず支払わなければなりません。

住宅の立地や規模によっては、税金だけでもかなりの金額が発生するので、

事前にしっかりと確認しておきたいところです。

 

 

■税金以外の管理費用

 

さらに税金以外にも様々な管理費用が発生することにもなるでしょう。

不動産の外壁や屋根などは、たとえ人が住んでいなかったとしても経年劣化による傷みが生じます。

このような経年劣化による補修の費用も、不動産を維持していく上では必要となります。

また土地がある場合には木や草などを伐採する費用もかかります。

土地の程度や広さなどによっても費用は大きく異なりますが、少なくとも年間に十数万円はかかるでしょう。

もしも管理を怠り空き家を放置し、外壁や屋根などが破損した場合には、

人にけがをさせてしまったり損害を与えることも考えられます。

このような場合には所有者に対し損害賠償が請求されることもあるでしょう。

見た目で明らかにだれも住んでいない家だとわかった場合には、

不法投棄をされたり不法侵入の被害に遭うことも考えられます。

さらには人間が住まない不動産は害虫やねずみなどの害獣のすみかにもなりやすいものです。

数年がたちようやく行動を移そうとしたときには、家中が害虫や害獣の糞尿だらけになっていたり、

柱をかじられているなどのさまざまな被害が及んでいることも想定できます。

また火災のリスクも考えられるでしょう。

空き家の問題は実は社会問題にも発展しています。

このような対策として法律が制定され、該当した場合には地方自治体が強制的に解体することも可能になりました。

この場合には解体費用が請求されることになり、

警告を無視し続けた場合には固定資産税の金額が跳ねあがることも考えられます。

 

 

■空き家を放置しないために

 

空き家を放置することは非常にハイリスクであり、相続した場合には適切な管理や処分を検討する必要があります。

だれも住む人がいない実家を相続しそのままの状態になっている場合や、

税金の問題や遺産分割協議などの問題によってそのままの名義で放置されているケースも見られます。

親族間の問題や不動産に対する愛着など様々な理由によって、なかなか処分を迅速に行えないこともあるでしょう。

 

しかしだれも住んでいない住宅であっても不動産を所有しているだけで

税金や補修などの維持管理費用も莫大なものとなります。

放置のリスクを考えできる限り何らかの対策を行わなければなりません。

空き家を相続した場合に考えられる選択肢としては、相続人の誰かがその家に住むことや賃貸にすること、

売却することや更地にして駐車場などにする方法が挙げられます。

また現状のまま維持管理を続けていく方法もあるでしょう。

 

もしも不動産が故人の名義のままになっているのであればできる限り早く分割協議を行い、

その後の管理方法を決める必要があります。

また場合によっては不動産として運用できるケースもあります。

専門的な知識がなければ適切な運用方法はわかりませんが、

様々な運用サービスが存在しているのでこのようなものを利用するのもお薦めです。

 

 

■最後に

 

いかがでしたでしょうか?

今回は相続した空き家を放置するリスクと対処法について解説しました。

立地や不動産の特徴などを把握し不動産として運用することで、放置によるリスクを回避したうえで、

運用の収益で税金などにかかる費用を賄うことにもつながります。

空き家の活用方法にお悩みの方は、

公認不動産コンサルティングマスターの有資格者が在籍しているアイディアルホームへ是非ご相談くださいませ。