相続不動産の空き家に使える3,000万円特別を知っていますか?

16a20dd31090715dcfd83e0a7ce526f0_s-1
不動産にはいろいろな税金上の措置が設けられています。
中でも相続不動産を相続したときに活用したいのが「空き家の3,000万円特別控除」です。
相続不動産の売却で知っておきたい「空き家の3,000万円特別控除」について解説します。

相続不動産の空き家を売却するときに使いたい3,000万円特別控除


日本の各地で空き家が大きな問題になっています。
空き家は、害虫や害獣などの発生源になったり、倒壊などのリスクがあったりするなど、
近隣の平穏な生活にはマイナスです。
犯罪の温床になる危険性なども指摘されています。
さらに、不動産が空き家の状態であっても、維持管理費や税金などのコストが必要です。
空き家を空き家のままで所持し、放置しておくことは相続人にとって負担やマイナスが大きいと言えます。

自分の不動産が空き家でなくても、相続により空き家を管理する立場になる可能性があります。
相続は多くの家庭に起きること。
だからこそ、空き家問題も、多くの家庭が無関係ではいられない問題なのです。

空き家を相続不動産として相続してしまったら、どうすればいいのでしょう。
知っておきたいのは、空き家と税金の問題です。
相続不動産の空き家を条件に則って売却することで、税金の優遇措置が受けられる可能性があります。
空き家の管理者として、空き家を売却というかたちでの処分を検討してみてはいかがでしょう。

空き家の3,000万円特別控除は、空き家を相続して一定期間内(被相続人が亡くなった日以後3年を経過する日の属する12月31日まで)に売却などのかたちで譲渡することにより、譲渡の利益から3,000万円を控除してもらえるという制度です。
控除により、より手もとに多くの利益が残る可能性のある仕組みですので、
相続不動産である空き家を処分するときは、特別控除を使えるかたちで処分してはいかがでしょう。

相続不動産の空き家の譲渡で3,000万円特別控除を使う条件


すでにお話した一定期間内の譲渡のほかに、居住や築年月日などに以下のような条件があるのです。

1.被相続人の居住の用に供されていた
2.区分所有建物登記がされていない建物である
3.被相続人以外が居住していなかった
4.昭和56年5月31日より前に建築されている
5.相続から譲渡(売却)まで空き家だった

特別控除には、ほかにも細かな条件が設定されています。

被相続人が老人ホームに入居していた場合でも、一定の要件のもとに特別控除を使うことが可能です。

条件から逸脱してしまうと、せっかくの特別控除が使えなくなってしまいます。
相続不動産の空き家は不動産会社や税理士に相談し、
特別控除を使えるかどうかチェックしながら売却を進めることが重要です。

最後に


深刻化する空き家問題の解決の一助として設けられたのが、空き家の3,000万円特別控除です。
相続不動産の空き家問題は、多くの人が直面する可能性のある問題になります。
空き家の相続不動産をどうするか検討する場合は、特別控除を活用して売却するなどの方法が有用です。

相続不動産や空き家のお悩みは株式会社アイディアルホームにご相談ください。
事情にあわせた解決策を提案させていただきます。