相続不動産の買取相談をする前にまとめておきたい3つのポイント

空き家買取 札幌

日本は相続財産に占める不動産の割合がかなり大きいと言われています。
不動産相続は他人事ではありません。
日本の多くの人が不動産相続する可能性があるのです。

不動産相続をしたら、相続した不動産をどうするかが問題になります。
相続不動産を不動産買取によって換金する場合に、
相続人が相談前にまとめておきたいポイントを3つ解説します。

相続不動産を相続したらどうすればいいの?換金か維持か

不動産を相続してしまう。
これは、多くの人にあり得ることです。
不動産を相続したら、相続不動産をどのように扱えばいいのでしょうか。

相続不動産を相続した場合、大きく分けて2つの扱いが考えられます。

1つは相続不動産の換金。
不動産会社に相続不動産について相談し、不動産売却や不動産買取で換金する方法です。
相続不動産が不要なケースや維持管理費用に困る相続人は、
不動産買取などの方法で換金を選ぶケースが多くなっています。

もう1つの方法は、相続不動産を維持する方法です。
相続不動産を収益物件や住居として利用する方法が、
この相続不動産の維持という方法になります。
相続不動産を相続したら、
相続人は今後の不動産の扱いを2つのパターンから選ぶことになるのです。

相続不動産の買取相談をする前にまとめておくべき3つのこと

相続不動産を不動産会社などに相談の上で換金する場合は、
不動産買取と不動産売却の2つの方法が考えられます。
不動産売却は不動産会社の仲介により、第三者に不動産を売却する方法です。
不動産買取は、不動産会社に相続不動産を買取してもらう方法になります。

相続不動産を不動産買取で換金する場合は、
不動産会社に相談する前に3つのことについて考えておきましょう。

1.将来的に相続不動産を使う予定はないか

相続不動産を換金するということは「使えなくなる」ということです。
換金したいと思った時点で相続不動産が不要であるということでしょうが、
あらためて「本当に将来的に使わないか(住む予定がないか等)」を考えてみましょう。

2.相続不動産を何時まで換金したいか

不動産買取は、不動産会社に相続不動産を買取してもらう方法になります。
仲介による不動産売却より素早く現金を入手できますが、
仲介による不動産売却より売値が低めになってしまうことがあるのです。

「相続不動産を何時まで換金したいか」を大まかに考えてから不動産会社に相談することをおすすめします。
相続税の支払いなどがある場合は、早めに考えをまとめて相談しましょう。

3.他の相続人の相続不動産に対する考え

相続人が2人以上いる場合は注意が必要になります。
相続人のうち1人の独断で不動産買取の相談を進めると
相続トラブルに発展する可能性があるのです。

相続人が2人以上いる場合は、不動産買取の相談前に、
他の相続人にも意見を訊いてまとめておくようにしましょう。
相続不動産のトラブルを回避するためにも重要なことです。

最後に

相続不動産の扱いには、換金または維持という2つの方法があります。
換金する場合は、不動産買取などの方法があるので、
相続人の都合に合わせて選ぶことが重要です。
不動産買取の相談をするときは、
後のトラブルを防止するためにも3つのポイントをまとめておきましょう。

3つのポイントが上手くまとまらない。
相続不動産に合った換金や維持の方法を考えたい。
このような相続不動産のお悩みは、アイディアルホームへとお気軽にご相談ください。