築40年の一戸建てを売却する方法はあるの?|札幌の不動産売却

8705f3de19de4b90465af5abd40f9704_s-1-1

築年数の古い一戸建てを「売却できない」と思っている人は少なくありません。

特に築20年~25年で一戸建ての価値は大きな下方評価がなされてしまい、
「手放したいが売却が難しい」「売れないだろう」と
考えて頭を抱える札幌の一戸建てのオーナーは非常に多いのが現実です。


築40年を数える札幌の一戸建てでも、売却方法さえ選べば売却可能になります。

築40年の札幌の一戸建てを売却する方法とは、一体どのような方法なのでしょうか。

築40年の札幌の一戸建てはなぜ売却が難しいのか


築40年の札幌の一戸建てを売却することは可能です。

具体的な売却方法としては、不動産会社の仲介により第三者に売る「仲介(通常の不動産売却)」ではなく、
不動産会社に一戸建てを買ってもらう「買取」という方法を使って売却することになります。

なぜ通常の不動産売却ではなく不動産会社の買取を使って売却するかというと、
不動産売却では札幌の築40年の一戸建ては売却が難しいからなのです。


仲介による札幌の不動産売却では、第三者である買主が現われるまで待つことになります。

多くの人が一戸建てを購入する場合、
それは「自分や家族の札幌での住居となる一戸建てが欲しい」
という理由があるからではないでしょうか。

築40年の札幌の一戸建ての場合は、配管や外壁などが老朽化している可能性があります。

さらに、現代の建築基準や法律に合致していない可能性もあるのです。

自分や家族が住む一戸建てを購入したいと思っている第三者が購入を検討することは、なかなかありません。

仲介によって第三者に売却しにくいからこそ、
築年数の古い札幌の一戸建ては売却が難しい(売れない)」と言われるのです。

最後に

札幌の築40年の一戸建ては、「売却できない」と考えている人が多いという現状があります。
売却に第三者が関係する仲介による場合は、確かに売却が難しいかもしれません。
しかし、不動産会社に売却する買取という方法なら、
築年数の古い不動産でもスムーズに現金化できる可能性があるのです。

札幌の築40年の一戸建ての売却は、アイディアルホームへとご相談ください。