維持費が掛かる建物や土地は早めに処分の決断を、相続不動産を高く売るコツとは

6e2a81b1ba2511fe6a5ac5dce9f0073d_s

いわゆる一般的なご家庭でも、
土地や持ち家などの不動産関連の資産を所有している家庭は少なくありません。

特に先祖代々の土地で暮らしてきた方は、親や祖父から土地や建物を受け継ぐことが多いです。
他の資産は親戚や兄弟で平等に分割して相続したが、長男や長女の立場だったので、
実家周辺の不動産は自分だけが受け継ぐ形になった、そのようなパターンもあるでしょう。
今回は相続不動産を高く売るためのポイントについて詳しく解説していきます。


■不動産を相続したとき

兄弟や姉妹が既に地元から独立して実質的に建物や土地を管理出来ない事もあり、
地元の実家で暮らし続ける長男や長女の方々が
相続不動産を親や祖父等から引き継ぐことが主流です。

ただ遺産相続の話し合いをした時は、何かしら利用価値があると思っていた土地や建物も、
その後に良い活用方法がなければ、所有し続けるメリットがありません。

また現実問題として親戚一同の話し合いによって、
慣例的に立場上、特に利益気が見いだせない不動産関連の資産を相続した、
という長男や長女の方々も多いはずです。
利用価値が家庭では見いだせない相続不動産は維持費や維持に掛かる手間の方が大きく、
デメリットが膨らむ前に売却した方が良いでしょう。


■不動産を高く売るコツ

相続不動産を高く売るコツですが、まず第一に兎に角、早めに処分を決断する事です。
自分で保有していても維持費の方が高くなる、あるいは改修などの費用を考慮したら逆に赤字になる、
と損が確定した時点で不動産会社に相談して、早期に売却の話し合いのテーブルにつくのがベストです。

基本的には地元の不動産会社に相談するのがオススメです。
土地や建物に詳しいプロがリアルな資産価値を算出してくれます。
更に素人では難しい、あるいは面倒な事務手続きもアドバイスしてくれますし、
部分的には代行してくれるので多忙な現役世代の方々には嬉しい売り先となります。

地元に複数の不動産会社があれば、まずは見積もりを依頼しましょう。
いきなり一つのお店に決めずに、先ずは複数のお店に足を運び
相続不動産が具体的にどの程度に売却額かを知るために必ず査定を受けましょう。
全く同じ相続不動産でも、査定するお店や専門家によって結果は想像以上に変化します。


■複数の会社に査定依頼をだそう

不動産を高く売るため複数の会社に査定を依頼しましょう。
複数の会社に依頼しておけば、自然と相場が分かりますし、
色々な見積もり結果を比較して最も良い条件を提示してくれたサービスに決めましょう。

更に高く売るコツですが数社の見積もりを受ければ、
自然と手元に見積もり結果の書類が残ります。
別の不動産会社へ続いて売却相談をする際、
話し合いのテーブルにそっと他社の書類を提示すれば、より優位な形で交渉が運べます。

他社はこんなにも良い条件で買取してくれるのですが、といった様に交渉を切り出せば、
スタッフの方が他社との競争に負けないように査定額をよりアップさせてくれる可能性大です。

インターネット経由で土地の見積もり相談を受け付けている専門会社もあります。
地元に良いサービスが見つからなかった場合はスマートフォンやパソコンで検索して、
EメールやWEBフォームで問い合わせてみましょう。

そして相続不動産を個人売買で処分する方法もあります。
基本は不動産会社に売却した方が高くなりますが、
例えば身近な知人や友人がその土地や建物を急ぎで欲しがっている場合は、
逆に個人間で取引をした方が売値が良くなります。

顔見知りなら取引も素早く済みますし、相手が必要としている以上、
交渉を繰り返す必要もなく即断即決でまとまったお金が手に入るのでメリットは大きいです。
これからビジネスを始めようとしている方、丁度良いマイホームを地元で探している方は
相場以上の値段で買取りしてくれる事があります。


■最後に

いかがでしょうか? 今回は相続不動産を高く売るためのポイントについて解説していきました。

親から相続した不動産でも、今後活用予定がなければ早めに決断したほうが得ですね。
相続について不安のある方は、公認不動産コンサルティングマスターの
有資格者が在籍しているアイディアルホームへ是非ご相談くださいませ。