高齢者向け住宅に入居する前に押さえておきたいポイント

232a0c4dc81583f6a1c0731d232f5aff_l-1

札幌市内は医療機関が発展しているため、
国内で最もサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が
増加していると言われています。

しかし、施設の数が豊富なため、
施設選びに苦戦する方も多いでしょう。
親の入居を検討している方は、
快適かつ安全に生活できる施設に
入って欲しいですよね。

サ高住に入居する際は、サ高住とは
どんな施設なのか?
どんなサービスを提供しているのか?
特徴を把握しておくことが大切です。

そこで今回は、サ高住の特徴と
サ高住に入居する前にチェックするべき
ポイントについて詳しく解説していきます。
この記事を参考に、本人に最適な施設選びを成功させましょう。


■サービス付き高齢者向け住宅の特徴を理解しましょう

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、
バリアフリー構造の賃貸住宅です。
高齢者向け住宅というと、介護付きの老人ホームを
イメージするかもしれませんが、サ高住は、
介護サービスの提供は義務付けられていません。

入居対象は「自立して生活できる方」
「軽度の要介護者」なので、受けられるサービスは
「安否確認」「生活相談」がメインです。

高齢になると、身体のレベルの低下による転倒の危険性や
様態が急変することもあるので、定期的に見守りを
してもらえると安心できますね。

老人ホームのように、決められた時間に
入居者が集まって食事や入浴をする義務はなく、
好きな時間に外出することもできるので、
自由度が高いのがメリットです。

ですから、サ高住は一人暮らしは不安だけど、
自立して生活したい方向けの施設です。


■サ高住に入居する前に確認しておくべきポイント2つ

【立地条件】
サ高住に入居するうえで、
快適に生活するには立地条件が重要です。
サ高住は、一般的な賃貸住宅と同様に
食事や洗濯、掃除、入浴はご自分で行います。

自由に買い物に行ったり、家族の家に
遊びに行くこともできるので、
利便性がとても高いです。

また、家族が通いやすいかどうかも
チェックしておきましょう。
例えば転倒や様態が急変した場合は、
家族がすぐに駆けつけられると、
家族も本人も安心して生活できます。

施設の周辺環境や交通アクセス、
家族の家から近いかどうかを確認しておきましょう。

【介護が必要になったとき】
介護が必要になった場合を考慮したうえで、
入居を検討することが大切です。
サ高住には、一般型と介護型があります。

・一般型
介護が必要になった場合に、外部の介護サービスを
利用しなければならず、もしも介護度が重症化した場合は、
退去をしなければならないケースがあります。

・介護型
特定施設の指定を受けており、施設のスタッフによる
介護サービスを受けることができます。
ですから、退去する必要もなく
長期間居住できるのがメリットです。

将来を見据えて、介護が必要になった場合
どうするのか考慮することが大切です。
いずれ住替えをするのであれば一般型。
終の棲家として居住をするのであれば介護型を
検討しましょう。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、サ高住の特徴とサ高住に入居する前に
チェックするべきポイントについて解説しました。

サ高住に入居する際は、費用や立地条件だけでなく、
「介護が必要になった場合どうするか?」を
考えることが大切です。

サービス内容は施設によって異なり、
介護サービスを受けられる「介護型」と、
外部の介護サービスを手配しなければならない
「一般型」があります。

長期的に安心して生活することを望むのであれば、
介護型の施設に入居することがおすすめです。
複数の施設を比較検討して、下記のポイントに注意して
検討しましょう。

・生活に便利な立地であるか
・安心できるサービスが提供されるか
・介護型か一般型か

サ高住の入居を検討している方は、
今回の記事を参考に理想的な
施設選びを成功させて下さい。

サ高住の入居費用の為に不動産の売却をお考えの方は是非、
アイディアルホームへお問い合わせ下さい。